2011/04/08

GKテクニカルAD中村孝宏の「GK塾質問コーナー」2011年アーカイヴ

DFラインの裏に出たボールの処理(2011年4月8日)

【Q】ディフェンスの裏に出たボールの対処が悪くいつも怒られます。ポジションもいつも前にしてはいるのですが裏に出たボールに出れません。どうすればよろしいでしょうか?

【A】過去にGK塾でもこの質問について回答していますが、ポイントを絞って解説します。

◆◆ポイント◆◆

  1. スターティングポジションはどこにとっているか?
    スターティングポジションとは、GKが通常とっている位置のことをいいます。このスターティングポジションが、例えば味方が相手陣内で攻撃をしている際に GKのポジションがディフェンスの背後に出たボールにも対応でき、尚且つシュートを打たれたとしても対応できる位置にポジションをとっているかで大きく差 がでます。このポジションをとっているでしょうか?多くの選手は味方の攻撃の際、足が止まってしまい良いポジションにいないケースがあります。GKもボー ルのないところでのポジション修正が要求されます。また、最近ではGKも運動量が求められてきています。理由としては、ディフェンスが押し上げれば、サ ポートする位置にポジションをとり、相手ボールになればシュートに対応できる位置に一度戻りポジションを修正する。GKはこのポジション修正がいかに早く できるかでパスカットやシュートストップといったプレーにつながります。まずはこのスターティングポジションを意識してみて下さい。

  2. 相手ボールになった時、守備の準備はできているか?
    以前GK塾でもご紹介したことがありますが、スルーパスやDFの裏にでるボールへの対応のポイントは「狙い」です。GKはこのような場合、ボールが出てか らでは対応が遅れてしまい判断ミスの原因になってしまいます。相手ボールになった場合、とにかくタイミングをとりながら相手のプレーを見てください。相手 は、パス・ドリブル・シュートこの3つしかしてきません。相手の動きをみてパスならばパスが出た瞬間パスカットを狙う。※ペナルティエリア外の場合はDF が対応出来るならDFに任せてGKはその次を狙うほうがいいかもしれませんね。また、相手がドリブルなら、少しずつポジションを修正しながらシュートコースを消す。そして、相手がシュートを打ってきそうな位置ならば上を越されない位置をとり対応。(①のプレーと連動する)こういったシュートエリア以外で、相手のプレーを集中してみていると対応できてくると思います。

アーカイブ